婚約指輪に合うデザイン

婚約指輪のデザインというと、立て爪のタイプを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
大きな1粒石を爪で支えるようになっているデザインの指輪です。

確かに婚約指輪のデザインとしてはこうしたタイプは定番と言えますし、見た目の華やかさという点でも非常に優れています。
しかし、結婚してからも気軽に身につけることができるかというとそうではありません。

最近では結婚後にもちょっとしたお出かけの時などに気軽に身につけることができるような婚約指輪が人気です。
せっかくの指輪なのですから、冠婚葬祭などの数少ない機会だけでなく様々な時に身につけたいと思う女性が増えているからでしょう。

そのため、デザイン的にも立て爪タイプで引っかかりやすいものではなく、フラットな感じのものが多くなっています。
また、結婚指輪と重ねづけをすることでより華やかに見せられるようなデザインのものもありますので、そういった指輪を選ぶようにするのも良いかもしれません。

婚約指輪のデザインにこうしなければいけないという特別な決まりごとはありませんが、近年の傾向としては、このように身につけやすい実用的なデザインのものが選ばれる傾向にあるというふうに言えるでしょう。

Copyright (C) 大事な瞬間を決める指輪で迷ったら All Rights Reserved.