婚約指輪と宝石の関係

婚約指輪の宝石といえばダイヤモンドというイメージがとても強いものです。
実際に婚約指輪を購入する人の大半はダイヤモンドの指輪を選んでいるということです。
しかし「婚約指輪はダイヤモンドでなければいけない」というような決まりがあるわけではありませんので、もちろん他の宝石のついた指輪を選んでも良いのです。

宝石にはそれぞれ言葉やメッセージがありますので、その意味合いから指輪の宝石を選ぶというのも素敵です。
指輪にメッセージを込めて贈るということになりますから、何か手紙やメッセージカードを手渡すようなこととも似た印象になりそうですね。

また、誕生石をあしらった指輪というのも婚約指輪にはぴったりです。
誕生石というのは生まれ月によって決まっているものですが、その宝石を身に着けていると幸せになれると言われています。
婚約指輪がそんな幸福の指輪だったらとても嬉しいですよね。

また、何か1種類の宝石だけでなく、例えばダイヤモンドに誕生石を沿えるといった形のデザインも素敵です。
色味のある宝石が入ることでより華やかな印象になってくれます。

婚約指輪の宝石に特別な決まりはありません。
定番はダイヤモンドですが、その他にも素敵な宝石がたくさんあります。

Copyright (C) 大事な瞬間を決める指輪で迷ったら All Rights Reserved.