どれを選ぼう婚約指輪

婚約指輪にはたくさんの種類があります。
デザインだけで考えてみても、基本の指輪の形としてV字・ストレート・ウェーブなどがありますし、石の留め方でも立て爪・パヴェ・ベゼル留め・彫り留めなどがあります。

更にどのような石を用いたものを選ぶのかということも重要です。
オーソドックスなものでいうとダイヤモンドですが、他にも誕生石を選ぶというようなケースもあります。

同じダイヤモンドであってもカットの仕方にもブリリアントカット・オーバルカット・プリンセスカットなど様々なものがありますので、それによっても指輪の印象はガラッと変わってしまいます。
そのため、婚約指輪でどれを選ぶのかというのはとても難しく感じられます。

最もオーソドックスな婚約指輪というと、立て爪のデザインのタイプが思い浮かぶのかもしれませんが、実はこのデザインですと身に着ける場が限られてしまうという欠点もあります。
最近ではちょっとしたお出かけや日常使いもしやすいようなデザインになっている婚約指輪や、結婚指輪との重ねづけができるようなタイプの婚約指輪もありますので、そうした実用的なものを選ぶのも良いかもしれません。

もしも自分一人では決められそうにないという場合には、彼女を誘って指輪を選びに行くというのも良いかもしれませんね。

Copyright (C) 大事な瞬間を決める指輪で迷ったら All Rights Reserved.