やっぱりダイヤかしら、婚約指輪

婚約指輪の宝石に特別な決まりはありませんが、婚約指輪を購入した人のほとんどがダイヤモンドの指輪を選んでいます。
そもそもなぜダイヤモンドの指輪が婚約指輪の定番になったのでしょうか?

それはダイヤモンドが最もかたい鉱物であるということと関係があります。
色々なものの中で最もかたいダイヤモンドにはめったなことでは傷がつきません。
つまり、永遠に輝き続けるというわけです。
そしてこのように永遠に輝き続けるダイヤモンドは永遠の愛を誓う婚約指輪にはぴったりというわけです。

また、他の説明としては、透明感のある輝きが花嫁のイメージにぴったりだということもあるようです。
このようなことから、ダイヤモンドは婚約指輪の定番となっています。

最近では誕生石などを婚約指輪にあしらうというような人も増えてきていますが、やはり婚約指輪らしい婚約指輪を!と希望するようでしたらダイヤモンドが一番ではないでしょうか。
他にもダイヤモンドはもちろん、そこへ添えるように誕生石などの色味のある宝石を一緒にデザインするというケースも多くなってきています。

婚約指輪は一生のものです。
その輝きをずっと失わないダイヤモンドは婚約指輪に相応しい宝石と言えるでしょう。

Copyright (C) 大事な瞬間を決める指輪で迷ったら All Rights Reserved.